血糖値を下げる方法を分かり易く解説します。
Home » 血糖値を下げる方法 » トクホの成分「難消化性デキストリン」とは?

トクホの成分「難消化性デキストリン」とは?

血糖値を下げる方法

健康の為とはいえ、糖質とカロリー制限を行い血糖値を下げるのは難しいことです。
余程強い精神力が無いと、とても続けられるものではありません。
しかし続けられないからとは言え、辞めてしまうと健康に良くありません。
そこで頼りになるのが、トクホの成分「難消化性デキストリン」です。

「難消化性デキストリン」とは読んで字のごとく、消化しにくいデキストリンです。
正しくはトウモロコシからでんぷんを取り出し、食物繊維を抽出したものです。
あまり聞きなれない成分なので、体に取り入れても安全かどうか疑っている方も多いかと思います。
しかし市場に出回ってるダイエット食品やサプリメント等に含まれており、更にトクホ(特定保健用品)に使われている成分なので大丈夫です。

では「難消化性デキストリン」には、一体どういう効果が期待することが出来るのでしょうか。
まず冒頭部分にも少し記述したかと思いますが、高血糖の方にとって強い味方となってくれます。
何故ならば糖の吸収スピードを抑える働きがあるので、食後血糖値が上がることはありません。
またインスリンの分泌も穏やかなものになるので、体にも負担がかからなくなります。
更に中性脂肪を抑えたり、食物繊維の働きによって整腸作用にも効果があります。

ただし血糖値を抑えられる成分だからとは言え、頼りっぱなしになるのはおすすめ出来ません。
あくまでも補助的なものとして捉えて、上手く取り入れるようにしましょう。
そもそも血糖値が上がったのは、ご自身の生活環境そのものにあります。
根本的な部分を見直さなければ、「難消化性デキストリン」の力をもってしても難しくなるでしょう。